引きこもり対処・改善方法

子供がひきこもりになる原因って?

実際、自分の子どもがひきこもりになってしまうと、親としてはとても悩むものです。
その理由の一つが、「原因が分からない」というところにあるのではないでしょうか?子どもがひきこもりになった場合、親としては少しでも早く学校に行けるようにさせたいと考えます。
そして、その為には学校で起こったであろう何らかの原因を突き止め、それを解決することで問題の解決につながるはずと考えるでしょう。
しかし、本人に聞いても答えることもなく、長期化していくのが常です。
では、子どもがひきこもりになる原因は何でしょう?もちろん、ひきこもりになる引き金は一人一人全く違うものです。
何らかのいじめが存在したり、ちょっとからかわれただけだったり、失恋だったり、何が引き金になるかは分かりません。
でも、共通していることは、ひきこもりになる子どもたちの多くが、両親に対して心を開けないことが多いと言うことです。
つまり、根本原因は家庭の中にあることが多いのですね。
いじめなども関係しているかもしれませんから、そういった事実があれば改善しなければなりませんが、それ以前に、子どもが両親にさえ心を開かないというところに根本原因があると言えます。
それは常に抑圧されてきて、両親にさえNOと言えずに育ってきたその環境や、それによって創り上げられてしまった性格。
両親の不和などが原因で、両親を信頼できなくなった環境。
そういった家庭環境や両親との関係に何らかの問題があるケースが多いと言われています。